Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 紫白菜 | main | ウィーン出張の打ち合わせ >>
アリス=紗良・オット
 長年、いろんな話を聞いているアーティストとのインタビューは、常に新たなことが飛び出してきて、楽しいひとときとなる。
 毎年、海外の実力のある指揮者、オーケストラ、そして国際舞台で活躍するソリストを迎えて開催される「東芝グランドコンサート」の2017年は、3月7日から15日まで全国6公演が予定されている。
 今回は、NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団(ハンブルク北ドイツ放送交響楽団)と、いま勢いに乗っている指揮者、クシシュトフ・ウルバンスキが来日。そのソリストのひとりとして、アリス=紗良・オットが参加することになった。
 昨日は、そのアリスにインタビュー。
 彼女はベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番を演奏することになっているため、その作品との出合い、各楽章の解釈、何度も演奏しているこのコンチェルトについて、どう表現が深まってきたかなど、さまざまなことを聞いた。
 アリスはウルバンスキとはかなり親しく、すでにこのコンチェルトで共演もしていて、日本で一緒に演奏できるのが待ち遠しいと語った。
 彼女は、前回のインタビューのときも、「いまの年齢は新人でもないし、中堅でもなく、いろんな意味でとても難しい時期」と話していたが、今回もその悩みはさらに深まっていると複雑な表情を見せた。
 以前は「自分のアイデンティティを探すのがとても困難で、私は音楽によってそれを見出すことができた」と語っていたが、現在はまた別の問題に直面しているようだ。
 しかし、仕事面では世界中から演奏のオファーがひっきりなしに入る人気ピアニストに成長、数年前はあまりにも多くのコンサートが入って「もっと練習する時間を確保しなくちゃ」といっていたが、いまは年間60公演に絞っているそうだ。
 さらに、今年は夏に2カ月間しっかりバカンスを取り、久しぶりにリフレッシュしたと笑顔を見せた。2年前にベルリンのなかで引っ越しをし、現在の建物はベランダが広いため、そこで朝のエスプレッソを飲みながら本を読むのが一番楽しい時間だそうだ。
 このベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番に関しては、来日プログラム他に書くことになっている。
 今日の写真は、インタビューを終えて、「リラックスしてね」という私の要求に応えた1枚。大好きなあぐらのスタイルだ。


 
| 親しき友との語らい | 23:07 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE