Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< ホテルの玄関に馬が | main | きょうだい会 >>
最近のライナーノーツ
 CDの解説、ライナーノーツを書く仕事は、結構締め切りがタイトなことが多い。
 発売日がすでに決まっているものの、海外からの資料や音源が届かなかったり、諸般の事情で遅れていたり、ということもしばしば。
 でも、ライナーノーツの締め切りはしっかり決まっている。
 当然のことながら、音源を聴き、海外の録音の場合は現地の資料も一応は目を通さなくてはならない。
 日本人の録音の場合も、やはり資料はできる限り早くほしいというのが本音である。
 なかなか全部がそろわないことがあっても、仕事は進めなくては…。
 というわけで、原稿が仕上がるまでは、いろんな問題が山積み。でも、なんとかやるっきゃない。
 最近書いたライナーノーツの新譜が、次々に送られてきている。これらを見ると、問題があったことは吹き飛び、いいCDになったなと、感慨ひとしおである。
 こうしたライナーノーツを書いたCDは、自分の作品として、作品棚に並べることにしている。
 今日の写真は、最近書いた新譜の数々。
 
「超絶! トリフォノフ・ブレイズ・リスト」 ダニール・トリフォノフ(ユニバーサル)
「ベートーヴェン:管楽器とピアノのための作品集」 レ・ヴァン・フランセ(ワーナー)
「DUO 5」 岡崎慶輔&伊藤恵(フォンテック)
「ブレイズ・ラフマニノフ」アレクサンドル・タロー他(ワーナー)
「ワックスマン:カルメン・ファンタジー、ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番」 服部百音(エイベックス)
「展覧会の絵」 牛田智大(ユニバーサル)
「バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ(全6曲)」 チョン・キョンファ(ワーナー)

 これからラン・ランの新譜とエマニュエル・パユの新譜も届くはずである。


 

| ああ愉しき(?)、締切り地獄 | 23:22 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE