Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< エル・プエンテ | main | 庄司紗矢香 >>
中木健二
 チェリストにとって、J.S.バッハの「無伴奏チェロ組曲」全6曲は、バイブルのような存在である。
 多くのチェリストが「生涯に一度はこの無伴奏作品6曲を録音したい」と語るが、今回は、中木健二がセカンドアルバムとしてバッハの「無伴奏チェロ組曲全曲録音」を行った(キングレコード 11月23日リリース)。
 中木健二はパリ、ベルン、シエナなどで学び、2005年にルトスワフスキ国際チェロ・コンクールで第1位を獲得している。この他にも受賞歴は多数あり、2010年フランス国立ボルドー・アキテーヌ管弦楽団の首席奏者に就任した。
 先日のインタビューでは、フランス時代のこと、バッハの作品のこと、恩師であるアントニオ・メネセスのこと、2014年日本に帰国してからの活動、東京藝術大学での後進の指導に関して、現在の楽器1700年製ヨーゼフ・グァルネリについてなど、幅広い話に花が咲いた。
 中木健二は、ソロ、弦楽トリオ、弦楽四重奏団などさまざまな活動を行い、そうした話を聞くたびにメネセスの教えが顔をのぞかせる。
 きっと、彼にとっては「メンター」的な存在なのかもしれない。
 このインタビューは、次号の「CDジャーナルWEB」に書く予定になっている。
 彼は11月29日(火)に、王子ホールでリサイタルを開く(19:00開演)。プログラムはバッハの「無伴奏チェロ組曲」第1番、第4番、第5番である。
 いまもっとも集中的に取り組んでいるバッハ。「全身全霊を傾けて演奏する」という彼の気概を演奏から受け取りたい。
 今日の写真は、インタビュー後の中木健二のリラックスした表情。あらゆる話題に話が広がり、とても有意義なインタビューとなった。記事をぜひ読んでくださいね。
 
| アーティスト・クローズアップ | 22:18 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE