Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< アントン・ブルックナー | main | 体調が崩れる時期 >>
リュカ・ドゥバルグ
 6月7日のブログにリュカ・ドゥバルグのことを綴り、「次回はぜひリサイタルを聴きたい」と書いたら、早くもそれが実現することになった。
 12月1日に浜離宮朝日ホールで来日公演が行われる予定である。
 リュカ・ドゥバルグは2015年のチャイコフスキー国際コンクールで入賞し、その自由で個性的なピアニズムが大きな話題となった逸材である。
 ギドン・クレーメルとの初来日の様子はブログに書いた通りだが、デビュー・アルバム「スカルラッティ・ショパン・リスト・ラヴェル」(ソニー)もとても興味深い演奏で、次なる録音が待たれていた。
 セカンド・アルバムは、「バッハ・ベートーヴェン・メトネル」。デビュー・アルバムでは、コンクールで大喝采を浴びたラヴェルの「夜のガスパール」が収録され、来日公演でもこの作品を披露した。
 そのラヴェルは、まさに自家薬籠中のものとなった演奏で、新たな才能に出会った喜びを感じさせてくれた。
 今回リリースされたセカンド・アルバムでも、コンクールでセンセーションを巻き起こしたメトネルのピアノ・ソナタ第1番を収録し、作品の真の魅力に肉薄する演奏を聴かせている。
 来日公演では、モーツァルト、シューベルト、シマノフスキ、プロコフィエフのピアノ・ソナタが組まれている。このリサイタルのプログラムに原稿を寄せ、リュカの魅力について綴った。
 今日の写真は、セカンド・アルバムのジャケット。手足が長く、スリムで、飄々とした雰囲気でステージに登場する。そしてピアノに向かうと、一気にからだのなかから音楽がほとばしり出る感じだ。
 クレーメルが才能にほれ込んだように、私も彼のピアノに強く惹かれている。


 
| 情報・特急便 | 22:11 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE