Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 2016年のインタビュー | main | おいしいイチゴ >>
辻井伸行
 約1カ月半前に、辻井伸行とヨーロッパ室内管弦楽団の「極上のモーツァルト」と題した日本ツアーが終わったばかりだが、いまはバッハの「イタリア協奏曲」、モーツァルトのピアノ・ソナタ第17番、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第14番「月光」と第23番「熱情」のツアーの真っただ中である。
 これは12月14日から2017年3月29日まで、間を置きながら全国で展開される。
 今日はその合間を縫って、来春の「家庭画報」の取材のため、府中の森芸術劇場どりーむホールに出かけた。
 辻井伸行はいつ会っても元気で、どんな質問に対してもことばを尽くして熱く語ってくれる。
 長年インタビューをしているためか、途中からいつも雑談になってしまい、公演で訪れた土地での食べ物の話や、指揮者の知られざる素顔や、海外でのエピソードなどに話が逸れていく。
 仕事の話よりもそういう方がおもしろいため、つい爆笑しながら対話していると、あっというまにインタビューの時間は過ぎてしまう。
 もちろん、今回のプログラムに取り上げた作品について聞いた。
 1カ月半前に話を聞いたときは、バッハを初めて演奏会に取り上げることになり、「イタリア協奏曲」だという話を聞いたばかりだったので、「あのときは、まだこれから各楽章を仕上げていくところだと話していたのに、こんなに早く本番で演奏するなんて、びっくり」というと、「そうなんですよ、早いでしょう」といって楽しそうに笑っていた。
 記事のなかでは、作品にまつわるエピソード、各々の作曲家に対する思いなどを存分に紹介したいと思う。
 今日の写真は、本番前の練習に余念がない辻井伸行。
 カメラマンの写真撮影では、即興で自作を披露していた。

| 親しき友との語らい | 22:22 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE