Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 第19回別府アルゲリッチ音楽祭 | main | セドリック・ペシャ >>
ルネ・マルタン
 今年も、ラ・フォル・ジュルネの季節が巡ってきた(5月4日〜6日、東京国際フォーラム)。
 2017年のテーマは「LA DANCE ラ・ダンス 舞曲の祭典」。ルネサンスから今日までの、600年にわたる躍動感や爆発的なエネルギーを含む舞曲やダンス音楽が会場を彩ることになる。
 今日は、アーティスティック・ディレクターのルネ・マルタンにインタビューし、今年のテーマと内容、選曲、音楽家の人選などについて聞いた。
 彼はいつも内容に関しては熱く語ってくれるが、やはり舞曲をテーマにするのは長年の夢だったようだ。
 このインタビューは、3月号と4月号の「日経新聞」に書くことになっている。
 とりわけマルタンの口調がなめらかになったのが、初出演の人、珍しい楽器、バロック時代の作品に関して。
 私もバロック時代の作品は大好きなため、話が弾んだ。
 すでにラ・フォル・ジュルネの公式サイトでは概要が発表されているため、参考にしてほしいと思う。
 今年も3日間、フォーラムの各会場では熱き演奏が朝から晩まで繰り広げられ、人々の心も躍動するに違いない。
 今日の写真は、いつもながら情熱的な語りがとどまるところを知らないルネ・マルタン。彼は小さなオーディオ・グッズを目の前に置いて、作品の話になるとすぐに音楽をかける。それが延々と止まらなくなると、インタビュー時間はどんどん短くなってしまう。
 私も、音楽は聴きたいし、時間は気になるし、これが悩むところなんだよねえ。


 
 
| 情報・特急便 | 23:48 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE