Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< ルネ・マルタン | main | プラシド・ドミンゴ >>
セドリック・ペシャ
 すみだトリフォニーホールが2006年のマルティン・シュタットからスタートし、シリーズとして行っている「ゴルトベルク変奏曲」。
 第10回目の昨夜は、フランスとスイスの国籍をもつ、ローザンヌ生まれのセドリック・ペシャの登場。ジュネーヴ音楽院、ベルリン芸術大学で学び、2002年のジーナ・バッカウアー国際ピアノ・コンクールで第1位を獲得したピアニストだ。
 現在は、国際コンクールの審査員や室内楽シリーズの芸術監督を務め、欧米各地でマスタークラスも開催している。2012年にはジュネーヴ高等音楽院のピアノ科教授に就任した。
 セドリック・ペシャの「ゴルトベルク変奏曲」は、これまで聴いていた演奏とはまったく異なる。このシリーズでは、革新性を発揮したり、即興的な演奏をしたり、J.S.バッハの作品をあたかも「旅」のようにとらえたり、ジャズのイディオムを加えたりするなど、毎回個性的な「ゴルトベルク変奏曲」が登場してきた。
 しかし、ペシャの演奏は、あくまでも流麗でおだやかで、闘いの表情は微塵も顔を見せず、作品の美質を浮き彫りにする奏法。初の「リピートしない」奏法でもある。
 プログラムは、前半にフレスコヴァルディの「パッサカリアによる100のパルティータ」、ウェーベルンの「ピアノのための変奏曲」、ブラームスの「主題と変奏」「創作主題による変奏曲」という変奏曲をもってきて、しかも「曲間の拍手はご遠慮ください」というアナウンスがあり、4曲を集中して演奏。流れる清らかな水のような、春を待ち焦がれる人々の気持ちを代弁するような、また、舞曲を静かに舞い踊っているような空気を生み出した。
 そして、後半はリピートなしの「ゴルトベルク変奏曲」。非常に個性的な組み立てである。
 この日は、午前中からずっと打ち合わせやインタビューが続き、その足でホールに出向いたため、攻撃的な演奏を聴く体調ではなかった。セドリック・ペシャのピアノは、そんな私の心にゆったりと静かに語りかけてきた。約41分の「ゴルトベルク変奏曲」。シンプルな素描画のようなバッハだった。
 今日の写真は、コンサートのチラシ。

| アーティスト・クローズアップ | 23:07 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE