Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< ごごラジ! | main | 続・春野菜を満喫 >>
ルーカス・ゲニューシャス
 1990年モスクワ生まれのピアニスト、ルーカス・ゲニューシャスの演奏は、2010年のショパン国際ピアノ・コンクールのときから聴いている。
 このコンクールでは第2位入賞を果たし、次いで2015年のチャイコフスキー国際コンクールでも、第2位を獲得した。
 先日、そのゲニューシャスに、また会うことができた。2014年のインタビュー以来のことである。
「ショパン・コンクールの入賞は、ぼくの人生に大きな変化をもたらした。一気にコンサートのオファーが増えたし、世界各地で演奏することが可能になったんだ。チャイコフスキー・コンクールの場合もコンサートの回数が増えたのは同じだけど、特にロシアでの演奏の機会が格段に増えた感じ」
 久しぶりに会うゲニューシャスは、堂々として自信に満ちていた。最近は、ストラヴィンスキーの作品の研究に時間を費やしているそうで、その作品論になったら、話が止まらない感じだった。
 彼は、5月4日〜6日まで東京国際フォーラムで開催される「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2017」への参加が決まっている。今回は、ショパンの「マズルカ集から」、ラヴェルの「ソナチネ」、ストラヴィンスキーの「兵士の物語」からタンゴ、ワルツ、ラグタイムを演奏する予定で、4日と5日の2回公演が組まれている。
「今年のテーマは“ラ・ダンス 舞曲の祭典”でしょう。だから、すごく作品を選ぶのが楽だったんだよ。だって、舞曲の要素が入っている作品が多いからね。弾きたい曲はたくさんあるし。でも、この3曲に絞った。特にストラヴィンスキーは聴きどころだよ。本当はもっと弾きたいんだ(笑)」
 これはあまり演奏される機会に恵まれない珍しい作品。要注目である。
 このインタビューは、「ぶらあぼ」と「intoxicate」に書く予定になっている。
 ゲニューシャスは、バロックから現代作品まで幅広いレパートリーの持ち主だが、現代の作曲家の作品を演奏することにも意欲を示しているとか。
 ショパン・コンクール入賞時から、はや7年目。世界を飛び回る超多忙なピアニストになった姿を目の当たりにし、「よかった、よかった」と心のなかでつぶやいた。
 このストラヴィンスキーは、やはり聴き逃せないなあ。でも、小さな会場だからすぐに売り切れてしまうかも。
 今日の写真は、インタビュー中の自信たっぷりなルーカス。ロシアのピアニストは、本当に若いころからこういう雰囲気を持ち合わせている人が多い。不思議よねえ、教育の賜物かしら…。 


 
| 情報・特急便 | 22:52 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE