Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< きゅうりの梅あえおかか風味 | main | シドニー・オペラハウス >>
出張の準備
 出張前の原稿の入稿をすべて終え、校正なども一応ひと段落した段階で、ようやくスーツケースに荷物を詰めることになった。
 今回のシドニーは、初めてのことだらけで、服装がちっとも決まらない。
 辻井伸行のコンチェルトとリサイタルの両方を聴きに行き、インタビューもある。そういうときの服装は、スーツに限る。
 ただし、夜のコンサートゆえ、かなり寒そうで、革のコートも持参することにした。
 でも、日中は最高が21度くらいだから、薄いトレンチが一枚あれば大丈夫だと判断し、それに合わせたラフな格好にすることにした。
 出張は、まず服装が決まらないと、どうも落ち着かない。
 ようやく着回しできる物を詰め、あとは靴とバッグを決めた。
 実は、オーストラリアに住んだことのある人が、みんな「サングラスを忘れないように」と口をそろえていう。そのため、先日急いでサングラスを買いに行った。
 でも、お店の人が「ありふれた物ではなく、ちょっとおしゃれで、東京の夏でも使える物がいいんじゃないですか」というため、ついあれこれフレームを選んでしまった。
 ようやく決まったのは、フランスの女性デザイナーがデザインしたグリーンを主体としたフレームで、レンズの色はブルーグレーにし、少しだけ近視用の度が入っている。
 それを18日までに間に合わせるため、メガネ屋さんはあちこちに電話をし、「超特急で作ってもらうことができそうです」と、熱い調子でメーカーの話を伝えてくれた。
 注文したのは日曜日なので、なか3日で完成させてくれたことになる。
 今日は、それを受け取りに行ったが、なかなかいい仕上がり。メガネ屋さんも、「こういうサングラス、ちょっとないですよ〜」「みんなに自慢してくださいね」「もう、ここからかけていってください」と、またまた熱弁。
 自分のところの商品をこれだけ自信たっぷりに褒めるところが、なんともオカシイ(笑)。
「このサングラスを連れてシドニーに行ってきます」といったら、「僕も連れて行ってください。貨物入れでもどこでも」とジョーク。お店の人たちと大笑いしてしまった。
 今日の写真は、その美しいフレームのサングラス。仕事を全部終えて用意にも時間がかかり、疲労困憊していたが、メガネ屋さんの陽気でていねいな対応に、心がなごんだ。




 
| 日々つづれ織り | 22:36 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE