Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 美しい色彩の花束 | main | ニルス・メンケマイヤー >>
あさりのパエーリャ トマト風味
 原稿の締め切りが重なっているときに限って、おいしい食材に出合う。
 いつも懇意にしている家の近くのオーガニックショップ、長本兄弟商会には、ときどき築地から新鮮な魚介類が届く。
 店長の友人が築地のお魚屋さんで、それを譲ってもらうのだそうだ。
 今日は、見るからにおいしそうなあさりが店頭に並んでいた。
 これを見過ごすわけにはいかない。以前も、このあさりを購入し、パスタのボンゴレビアンコを作ったら、すっばらしくおいしいパスタが出来上がった。
 今日は、ちょっと趣向を変えて、あさりのパエーリャ トマト風味にしようと思い立ち、早速トライ!
 まず、あさり(300グラム)は砂出しをし、水で十分に殻を洗う。
 フライパンにオリーブオイル大さじ2を入れ、にんにく2かけのみじん切りを入れて炒め、あさり、白ワイン50CCを加え、ふたをしてあさりの口が全部開くまで蒸し焼きにする。
 あさりと蒸し汁を分けておく。
 パエーリャ鍋にオリーブオイル大さじ2を入れ、ベーコン100グラムの千切りを炒め、たまねぎ3分の1個のみじん切りも炒める。
 ここに米2カップを洗わずに加えて、透き通るまで炒める。あさりの蒸し汁とブイヨン小さじ1か、キューブの2分の1を加えて水3カップを回し入れ、コショウも少々加える。
 沸騰するまで中火、その後は弱火で20分ほど煮る。この間、焦げ付くようだったら、そのつど水を少しだけ加え、米の芯が少し残る程度まで火を入れる。
 弱火にしてから10分ほどしたら、ミニトマト10個を半分に切って乗せ、最後にあさりを乗せてアルミホイルでふたをし、3分ほど蒸す。
 仕上げにパセリのみじん切りをトッピングして出来上がり。
 今日の写真は、出来上がったばかりのパエーリャ。これはキリッと冷やしたスペイン産の白ワインがピッタリ。それ以外のワインは考えられない。
 おいしいあさりが手に入ったら、ぜひパエーリャに変身させてください。




 
 
| 美味なるダイアリー | 19:29 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE