Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< チェンバロの新譜 | main | CDのライナーノーツ >>
知人の単行本
 仕事仲間といおうか、知人のUさんが何冊目かの単行本を出版したため、そのプロモーションを担当しているHさんと3人で、スペイン料理を食べにいった。
 食事前にUさんにインタビューを行い、本の内容や経緯、詳細などの話を聞き、それを紹介する記事を「ヤマハ WEB音遊人」に書くことにした。
 Uさんは、特有の味わい深い文章を得意とする人で、ファンが多い。音楽にまつわることをエッセイとして新聞に連載し、その連載はすでに30年も続いているというから驚きだ。
 こんなにも長く、ずっとエッセイを書き続けることができるなんて、うらやましい限り。
 この本に関しては、WEBの記事が掲載された後に、詳細をブログでも綴りたいと思う。
 今日はインタビューを終えてから、3人で先日も訪ねた外苑前の「エル プエンテ」にいった。ここは、Hさんの紹介だが、私も大好きなスペイン料理店。
 3人で仕事の話や日常のことをいろいろ話ながら、サングリアを飲んだり、おいしいお料理をいただいたり。
 以前、私は鶏肉が苦手といったら、そのことをシェフが覚えていてくれて、ふたりのお皿には鶏肉が乗っていたが、私のお皿には海老が乗っていた。
 いつも、どんなお料理もおいしくて、つい食べ過ぎてしまうほどだが、今日もお任せで頼んだら、次々に絶妙のタイミングでおいしい一品が運ばれてきた。
 なかでも、みんなで感嘆の声を挙げたのが、「イカ墨のメロッソ」。「スペイン風のおじやです」といわれたが、これがおなかいっぱいなのに、スーッと入ってしまう逸品。
 リゾットとも違う、パエーリャとも違う、なんとも美味なるごはんもの。しつこくなく、すっきりしていて、まさに〆のお料理にピッタリ。
 仕事の話に花が咲き、おいしいスペイン料理をいただき、3人とも笑顔でお店をあとにした。
 今日の写真は、美味なるお料理の数々。スペイン生ハムの盛り合わせ、温かなお魚の乗ったサラダ、マッシュルームのアヒージョとカブのマリネと海老のピンチョス、そしてイカ墨のメロッソ アリオリ添え。
 ガスパチョから始まり、アルボンディガス(スペイン風肉だんご)、バニラアイスのシェリーがけまで、まさにスペインを食べ尽くした感じだった。
 でも、食べてばかりいないで、記事はしっかり書かなくっちゃね(笑)。
















 
 
| 親しき友との語らい | 23:27 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE