Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< シドニーの思い出 | main | フェデラー、ゲリー・ウェバー・オープン優勝  >>
宮田大
 チェリストの宮田大が、今秋新譜をリリースすることになった。
 まだ、タイトルや発売日などの詳細は決まっていないが、名曲集(愛奏曲集)である。
 そのライナーノーツを担当することになり、今日は彼がリハーサルをしているところを訪ね、話を聞くことができた。
 長年弾き込んできた作品や、最近出合ってとても気に入った作品など、プログラムはバラエティに富んでいる。各々の作品との出合いや、録音時の様子、その作品にまつわるエピソードなどを聞き、さらに共演のピアニスト、フランスのジュリアン・ジェルネについてもさまざまなことを聞いた。
 宮田大は、会うたびに大きな成長を遂げている。いつも真摯で前向き、一生懸命話してくれるため、楽しいひとときを過ごすことができる。
 音楽から離れて雑談になったり趣味の話になったり、話題は広がっていく。
 現在の使用楽器の話も出て、チェロの好きな私は、非常に興味深かった。
 ライナーノーツには、こうした多岐に渡る話を盛り込みたいと思う。
 リハーサルの前だったため、明日のコンサートで共演するピアニストの田村響にも会い、ふたり一緒の写真を撮らせてもらった。
 宮田大はスポーツも好きだが、最近は時間がないため、運動する時間がないと嘆いていた。
「本当は、泳ぎにいきたいんですけどね。ヨガもいいかなあ」
 そう、からだのケアは大事ですよね。でも、スケジュールがいっぱいで、なかなかまとまった時間がとれないようだ。
 新譜に関しては、また詳細が決まり次第、紹介しま〜す。私は完成前の音源を聴かせてもらったが、なかなか味わい深い仕上がり。秋のツアーの前にはリリースされそうだ。
 今日の写真はインタビュー中の1枚と、もう1枚は田村響とのツーショット。




 
| 親しき友との語らい | 22:38 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE