Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< テープ起こし | main | 曼殊院門跡 >>
ミヒャエル・ザンデルリンク
 エストニア出身の名指揮者、ネーメ・ヤルヴィの家は、息子のパーヴォとクリスチャンのふたりが指揮者になった。
 ウィーンには、クラリネット一家のオッテンザマーが存在する。父のエルンストはウィーン・フィルの首席クラリネット奏者、長男のダニエルも同じくウィーン・フィルの首席クラリネット奏者を務める。次男のアンドレアスは、ベルリン・フィルの首席クラリネット奏者だ。
 こうした父親の職業を継ぐ息子たちというのは、古今東西数多く存在するが、今日はまた指揮者一家のサラブレット的な存在に話を聞くことができた。
 旧東ドイツ出身の名匠、クルト・ザンデルリンクの3男ミヒャエルである。1967年東ベルリン生まれで、最初はチェリストとして活動していた。この一家も、父親と同じく、長男のトーマス、次男のシュテファンともに指揮者である。
 DNAのなせるワザなのだろうか、やがてミヒャエルも指揮者となった。現在は、ドレスデン・フィルの首席指揮者を務め、歴史と伝統を誇る同オケに新風を吹き込んでいる。
 ミヒャエル・ザンデルリンクとドレスデン・フィルは、ベートーヴェンとショスタコーヴィチの交響曲を組み合わせるシリーズの録音を行っており、2016年にベートーヴェンの交響曲第6番「田園」とショスタコーヴィチの交響曲第6番をリリース。つい先ごろ第2弾がリリースされ、今回はベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」とショスタコーヴィチの交響曲第10番という組み合わせである(ソニー)。
 今日は、「CDジャーナル」のインタビューでザンデルリンクに会い、新譜の話、偉大な父の思い出、幼いころショスタコーヴィチに会った印象、ドレスデン・フィルの現況、チェリストから指揮者に転向したいきさつ、今後の展望など、多岐に渡る話を聞くことができた。
 ショスタコーヴィチの作品に関する話のときは、あたかも作品をひとつずつ紐解いていくような真摯で論理的で思慮深い話ぶりだったが、子ども時代のことや父親の話になると、にわかに表情がおだやかになり、ジョークも交え、笑顔が絶えなかった。
 185センチ以上ありそうな長身、整った顔、人を惹きつける話術など、あまりにも素敵でイケメンすぎて、インタビューに居合わせた女性陣はみな目がウルウルになっていた(笑)。
 幼いころのチェロとの出合いや、父親とのこと、ショスタコーヴィチの思い出など、興味深い話が盛りだくさん。とても内容の濃いインタビューとなった。
 ミヒャエル・ザンデルリンク指揮ドレスデン・フィルは、7月1日(大阪ザ・シンフォニーホール)、2日(ミューザ川崎シンフォニーホール)、4日(東京芸術劇場コンサートホール)、5日(アクトシティ浜松大ホール)にコンサートが予定されている。
 小川典子をソリストに向かえたベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」や、ベートーヴェンの交響曲第5番「運命」とショスタコーヴィチの交響曲第5番を組み合わせたプログラムもある。
 今日の写真は、なごやかな雰囲気のインタビューとなった際の1枚。彼は、指揮姿もとても美しいと評判だ。レコード会社の担当者いわく、「うしろから見ていると、首から肩にかけての丸みが父親にそっくりなんですよね」とのこと。
 旧東ドイツの名門一家の流れを汲むミヒャエル、ぜひコンサートでその底力に触れてくださいな。 


 
| アーティスト・クローズアップ | 22:44 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE