Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 京都大原山田農園 | main | 京都ネーゼ >>
ネルソン・フレイレ
 今日は、すみだトリフォニーホールにネルソン・フレイレのリサイタルを聴きにいった。
 このプログラムの原稿を担当した私は、当初の曲目の一部が変更となり、ドビュッシーの「子どもの領分」からヴィラ=ロボスの「ブラジル風バッハ」第4番より前奏曲と、同「赤ちゃんの一族」より3曲になったことを知っていたため、ヴィラ=ロボスをとても楽しみにしていた。
 以前、フレイレにインタビューした際、彼は自国ブラジルを代表する作曲家のエイトル・ヴィラ=ロボスをこよなく愛し、世界各地で演奏し、その音楽を広めたいと熱く語っていたからである。
 プログラムはJ.S.バッハの前奏曲やコラールのブゾーニ編から開始し、次いでシューマンの「幻想曲」が演奏された。
 フレイレは「最近、バッハを弾きたい気持ちがとても強いのです」と話していたが、このバッハも心にゆったりと浸透してくる敬虔で平穏で静謐な演奏だった。時折、オルガンを思わせる荘厳で大規模な音色を交え、フレイレらしい祈りの音楽をホールの隅々まで響かせた。
 シューマンの「幻想曲」は、フレイレの巨匠性が存分に表れた演奏となった。彼は、長年来日が途絶えた時期があったが、近年はひんぱんに来日するようになり、いつのころからか「巨匠」と称されるようになった。この「幻想曲」は、そんなフレイレが聴き慣れた作品に新たな風を吹き込むもので、とりわけ第3楽章のロマンあふれる楽想が心に深い印象をもたらした。
 後半はヴィラ=ロボスが演奏され、やはり「血で弾く」というというのはこういうことかと感じるほど、自然体で母国語を話すような演奏だった。
 最後は、ショパンのピアノ・ソナタ第3番が登場。フレイレは、ショパン国際ピアノ・コンクールの審査員もし、ショパンの作品を熟知している。
「私は、ショパンはけっして声高に叫ぶ音楽ではないと思う。最近の若いピアニストは鍵盤をガンガン力任せに叩き、猛スピードで突っ走るような演奏をするけど、私はそのような演奏はしたくない。ショパンの楽譜をじっくり読み、時代を考慮し、ショパンの意図したことに心を配りたいと思う」と話していたように、彼のソナタ第3番は、ショパンの生きた時代の空気をほうふつとさせるピアニズムだった。
 テンポも、リズムも、フレーズの作り方も、そしてルバートも、すべてにおいて作為的なものや余分なものが何もない。私の脳裏には、いつしかショパンの生家、ジェラゾヴァヴォーラの緑豊かな自然が浮かんできた。
 フレイレの演奏は聴き手の想像力を喚起する、まさに一幅の絵のようである。
 帰りは台風の影響で大雨に見舞われながら、電車の遅延などもあったが、心のなかにはおだやかで温かな空気が流れていた。
 これが「音楽の力」なのかもしれない。この公演評は、先日のダン・タイ・ソンとともに、次号の「モーストリー・クラシック」に書く予定になっている。
 今日の写真は、リサイタルのチラシ。この顔を見ているだけで、なんだかなごんでしまうよね(笑)。素顔はとてもシャイで、ポツポツと話し、ペットの話になると、途端に雄弁になるフレイレ。愛すべき「巨匠」である。

| マイ・フェイバリット・ピアニスト | 23:04 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE