Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 諏訪内晶子 | main | 照明の取り換え >>
服部百音
 毎年、「フレッシュアーティスト賞(将来を期待される優れたアーティストを対象とした賞)1名」と「特別賞(クラシック音楽をベースにした活動を行っている個人を対象とした賞(特別賞)1名」で構成されている「新日鉄住金音楽賞」の第27回の受賞者が決まった。
「フレッシュアーティスト賞」は、ヴァイオリンの服部百音。「特別賞」はプロデューサー、舞台監督、技術監督の小栗哲家である。
 18日には、紀尾井ホールで受賞記念コンサートが開催され、前半に小栗哲家のトークが行われ、後半に服部百音の演奏が行われた。
 服部百音は、ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第9番「クロイツェル・ソナタ」、エルンストの「夏の名残のバラによる変奏曲」、マスネの「タイスの瞑想曲」、ラヴェルの「ツィガーヌ」をプログラムに組んだ。
 彼女の演奏は何度も聴いているが、「クロイツェル・ソナタ」は初めてである。冒頭からいつもながらの集中力に富んだ、情熱的で前向きな演奏が展開されたが、徐々にテンポが速くなっていき、アグレッシブな奏法が全開。
 服部百音の演奏は、いつも「最後までこの調子で突っ走るのだろうか。大丈夫かなあ」とハラハラドキドキしてしまう。
 もちろんしっかり鍛え上げられた演奏ゆえ、自信にあふれ、一瞬たりとも揺らがないものだが、彼女が11歳のころから聴いている私は、つい演奏家とともに呼吸をしているような、音楽と一体化した思いを抱いてしまうのである。
 終演後、楽屋でそんなテンポの話をすると、「リハーサルのときはもっと速かったんですよ。やはりベートーヴェンだから、深い内容に合った演奏をしなくてはならないため、ずいぶん抑制しました」とのこと。
 これからも「クロイツェル・ソナタ」は、機会があるごとに演奏していきたいと眼を輝かせていた。
 今日の写真は、熱き演奏が終わって、まだその熱気をまとっているような雰囲気の服部百音。ずいぶん大人っぽくなり、淡いブルーの衣裳が成長した姿によく似合っていた。

| 情報・特急便 | 22:38 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE