Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 韓国の調味料 | main | ピノキオコンサート >>
仲道郁代
 ピアニストの仲道郁代が、デビュー30周年を迎えた。
 今日は、彼女にインタビューを行い、「デビュー30周年アニヴァーサリー・リリース」の「シューマン:ファンタジー」(ソニー 9月27日発売予定)の新譜について、これまでの歩み、今後の予定などについていろいろ聞いた。
 このインタビューは、次号の「intoxicate」に書くことになっている。
 思えば、仲道郁代には1986年のジュネーヴ国際コンクールのときから取材を続けている。翌年のエリーザベト国際コンクールのときも現地に赴き、1993年にはイギリス・ブリストルの海外録音にもいっている。
 本当に長いお付き合いである。
 この間、幅広いレパートリーを聴き、さまざまな話を聞いてきた。1冊の本が書けそうなくらい、語録がたまっている。
 彼女に会うと、いつも両手に抱えきれないほどの企画ややりたいこと、目標、夢をもっているが、それをすべて実践していくから驚く。
 今日も、2027年の演奏活動40周年に向けた新たなシリーズを計画していると聞き、「すごいなあ」と感慨を新たにした。
 これはベートーヴェンのピアノ・ソナタと、関連を示すポスト/プレ作曲家の作品によるシリーズだそうだ。
 今回の新譜は、2017年4月にベルリンのイエス・キリスト教会で収録したもので、シューマンの「ロマンス 嬰ヘ長調 作品28の2」「交響的練習曲」「幻想曲」というプログラム。インタビューでは、シューマンに対する熱く深い気持ちを話してくれた。
 11月5日には東京文化会館小ホールで、「オール・シューマン・プログラム」のリサイタルが予定され、レコーディングされた作品を披露する。
 さらに2018年3月16日には、「仲道郁代ピアノ・フェスティヴァル」と題し、上原彩子、小川典子、金子三勇士、清水和音、萩原麻未とともに、5台のピアノと6人のピアニストがぶつかりあうというコンサートが行われる。
 本当に次々に新たなシリーズや企画が計画され、そのエネルギーと前向きな姿勢に、私も背中を押される思いがする。
 考えてみれば、私は2018年が独立30周年にあたる。仲道さんの熱意に関心しているだけではなく、自分も何かきちんと計画を立てなければなあ、と今日はいろいろ考えさせられた。
 今日の写真は、「時間が足りないとは考えない。やるべきことをやるだけ」と語る仲道さん。迷いがなく、まっすぐ前を向いて進んでいく。見習わなくっちゃね。


 
 
| 親しき友との語らい | 22:47 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE